iPS細胞から血小板を作製する技術の商業化が、本格的に始動した。メガカリオンが、iPS細胞由来血小板の臨床試験開始に向けた準備を進めている。また組み換えヒト血清アルブミン製剤の開発を進めている国内メーカーの化学及血清療法研究所がデンマークNovozymes社に対して組み換えアルブミンを供給し、事業化が進展している。(遺伝子組み換え血液凝固因子は「血液凝固因子」の項参照)。撤退が相次いだ人工酸素運搬体では、Synthetic Blood International社(SYBD社)の「Oxycyte」の臨床試験が、現在フェーズIIにある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)