関節リウマチなどの自己免疫疾患を適応とするTNFα阻害薬が、海外市場と同様に国内においても好調に推移している。TNFα阻害薬などの生物学的製剤に匹敵する薬効を持つ低分子医薬品が登場した。JAK阻害薬「ゼルヤンツ」(米国での商品名「Xeljanz」、クエン酸トファシチニブ)である。関節リウマチ治療薬として日米で発売された。多発性硬化症治療薬では、初の経口剤として注目された多発性硬化症治療薬「ジレニア」(塩酸フィンゴリモド)が、日本を含む世界市場に導入されて、わずか2年間でブロックバスターの仲間入りを果たした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)