京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授が2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞し、政府は細胞治療・再生医療分野への研究開発投資を増やしている。細胞の大量生産・品質管理など、基盤技術に関わる研究の拡大も期待される。(骨、軟骨、皮膚、筋肉などの組織工学製品については「培養皮膚/培養軟骨/その他再生医療」の項を参照。がんワクチンを用いた免疫細胞療法は「抗がん剤」の項を参照)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)