顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)製剤の国内市場においては、バイオ後続品の登場が最大の話題となっている。2013年5月、テバ製薬、持田製薬、日本化薬、富士製薬工業のそれぞれの製品が薬価収載された。2013年6月には協和発酵キリンがペグ化G-CSF製剤を承認申請した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)