患者数の少ない希少疾病用医薬品には従来,大手製薬企業が積極的に取り組む例は少なかった。しかし,ブロックバスターモデルからの脱却を目指す製薬企業は,希少疾病用医薬品の事業性に着目し始めている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)