次世代シーケンサーの普及で,多くの人が全ゲノム解析を受ける時代が近づいている。ビッグデータから意味のある知識(ナリッジ)を得るために,莫大なデータを分かりやすく視覚化し,処理する必要が出てきたのだ。(ワールドフュージョン代表取締役 川原弘三)

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)