質量分析装置の感度が向上し,創薬研究の場において欠かせないものになりつつある。糖鎖研究の成果は,研究機器や試薬のみならず,抗体医薬の市販につながった。論文発表のみで臨床に役立つ製品が出ないと言われてきたバイオマーカー研究のプロセスを精査し,真に役立つ疾患マーカーの創出につなげる動きが出てきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)