ゲノム上の特定の部位にピンポイントで遺伝子導入ができる人工ヌクレアーゼ技術が注目を集める。受託サービスの選択肢が増え,大学の研究者が技術習得のための講習会を開始。利用者は今後も増えていきそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)