DNAチップ/マイクロアレイの市場は成熟しつつあり,消耗品の単価は下落傾向にある。しかし,DNAチップを用いた個別化医療は海外の展開スピードが増している。また食品検査領域におけるDNAチップの活用について国際標準化が進められている。(ジェネティックラボ先端医療開発部部長 西脇森衛)

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)