組み換えたんぱく質受託生産の国内大手は,旭硝子,東洋紡バイオロジックスなどだ。2012年には,ワクチン開発・製造受託を実施しているUMNファーマが,IHIと共同出資した子会社UNIGENを通じてバイオ医薬品の受託製造に乗り出すことを決めた。研究レベルでは,麹菌やカイコなどの新しいたんぱく質発現系の利用が始まっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)