医薬品の臨床開発のコストが増加する中で,早期段階で薬物動態や毒性の評価を行おうという意識が高まっている。中でも,国家プロジェクトでマイクロドーズ法を用いた薬物動態予測の研究開発が進んでいる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)