加速する次世代シーケンサーの開発に伴い,サービスの低コスト化が進み,さらにヒトを含むゲノム全体をカバーできるようになった。一方,超微量なサンプルの解析アプリケーションのサービスも競争が激しくなっている。(ジェネティックラボ先端医療開発部部長 西脇森衛)

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)