バイオサービス市場では,既存のサービスは低価格化が進む一方で,製薬企業の創薬研究や大学・研究機関の先端研究向けに新規で比較的高価なサービスが生まれてきた。装置・システム市場では,大型のハイエンド装置に加えて,省スペース・安価な個人向けの小型装置が発売されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)