C型肝炎市場では従来の治療と比較して高い効果が期待できるとしてPEG-IFNαへの転換が急速に進み,抗ウイルス薬との併用による治療が一般化した。この治療法は,従来のIFNに無効な患者においても高い薬効を示し,多くの患者を助けた。しかし,この併用療法でも薬効が認められない患者は多い。そこで,期待されるのが新しい作用機序を持つプロテアーゼ阻害薬だ。PEG-IFNα,リバビリン,プロテアーゼ阻害薬の3剤併用は,今後標準治療となりそうだ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)